必見!!!情報 アダルト情報サイト[エロエロ妄想族] 浣腸・排泄
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラビアのM嬢 Part9

SM雑誌のグラビアを見て一目ぼれしてしまったM嬢、ヒトミに浣腸し、排泄させたあと、
シャワーでボディー洗いのつもりがお互い欲情し、ヒトミがチンポをしゃぶりたがるので、
女にとってもっとも恥かしい言葉を強引に言わせてからしゃぶらせた。
強烈なバキュームフェラで責められ、たまらずヒトミのノド奥深くで果ててしまった。
ベッドに移り今度はフェラのお返しに、淫欲に火が付いたヒトミを激しい二穴指責めにしてイカセてやった。




ベッドに崩れ落ちたヒトミは動くことも出来ず、うつ伏せでグッタリしていた。
私も手がダルいのでちょっと休もうと思ったが、そのまえに
せっかく広がったヒトミのアナルが閉じるといけないので、グッズ入れの引き出しを物色した。
チンポより少し細いバイブとピンクローターを見つけた。
バイブは新品では無さそうなのでゴムを付けアナルに、ローターはマンコに
それぞれほうり込んで、電源を入れ放置した。

「うぅん・・・  」

さすがにイッたばかりで、小さく喘いだだけで無反応だ。
私はベッドに腰掛けタバコに火を点けた。

「ウィーン  ウィーン  ウィーン・・・・・  」

バイブの音だけが静かな部屋に響いた。

アナルのバイブが滑って抜けてくるので、その度に押し戻しながらタバコを味わった。

「ウィーン  ウィーン  ウィーン・・・・・  」

ヒトミが小さく喘ぎ始めた!

「んん・・・   んん・・・  」
  
バイブを握り、円を描きながら出し入れしてやった

「ウゥーン  ウゥーン  」

しだいに声が切ない感じになってきた

タバコを消し、ヒトミの顔にチンポを近づけてみた
すかさずしゃぶり始めた
バイブを少し速く出し入れしてやった

「うぅーん  うぅーん  イイ!  」

チンポを口いっぱいに頬張りながら喘いでいる
切ない喘ぎ声と表情に欲情し、女の口内でチンポはキンキンに勃起してきた

「よし!  そろそろ入れるか」

「うん  入れてぇ~~  」

ケツ穴に突き刺さったバイブをゆっくりと抜いて
仰向けに寝かせ、両足を思いっきり持ち上げた

「自分で太ももを抱えろ!」  「うん  」

ヒトミはコカン丸出しのアラレもない格好になってしまい、恥ずかしさをごまかすように顔を背けた
私はかまわず女のアナルに反り返った生チンポを押し付けた

「さぁ!  ケツ穴に入っていく所をしっかり見ろ!」  「はい  」

いとも簡単に菊穴がチンポをくわえ込んでいく
マンコ内のローターの小刻みな振動が亀頭を悦ばせた
ゆっくりと根っこまで挿入

「ううっ!  」 「突いてぇ~~  」

ゆっくり出し入れしてみた
スムーズなので少しづつ腰の動きを加速していった

「イイ!  イィッ!  」

こっちもどんどん気持ちよくなっていく
キンタマが尻に当たる度に発する卑猥な音が二人をさらに欲情させる

今度はバックから尻の割れ目を見ながらファックしたくなった

「今度は後ろからだ!」  「うん  」

いったん抜いてヒトミが四つん這いになり、再びケツ穴に挿入
やっぱりアナル好きはバックが一番興奮する!(と思う)

しばらく突き続けてからマンコローターのレベルをマックスにしてみた

「うう~っ!  スッ スゴイッ!!  」

激しくなった振動に息子の悦びも更にアップした (これはタマラン!!)

「イイ!  イイッ!  もっと突いてぇ~~!!  」

こちらも望むところだ
くびれたきゃしゃな腰を両手で抱え、壊れるほど激しく突きまくった

「うぅっ!!  もう! もうダメ!!  」

肛門からチンポが出る度に白く泡立つ淫汁が糸を引く

「「ダメ! ダメ! ダメ!  イクイク!!  イク~~~ッ!!!  」

息子のガマンも もう限界だ  「出すぞ!!」

「チョウダイ!  ナッ ナカニ~~~ッ!!!  」



「ドクッ!  ドクッ!!  ドクッ!!!」

「あぁっ!!!..................  」



ゆっくりと抜いた
菊門が塞がらず、ポッカリ口を空けていた!!
穴をのぞくと真っ赤な腸壁に精液が絡みつく生々しい様子が鮮明に見えた・・・・・・・・・・・・・・・・・終





                                                 by ピンクファルコン



ぜひとも1票、お願い致します
一票頂けると、筆が進みます
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 美女二穴責め M嬢とアナルファック

グラビアのM嬢 Part8

SM雑誌のグラビアを見て一目ぼれしてしまったM嬢、ヒトミに浣腸し、排泄させたあと、
ユニットバスのシャワーでボディー洗いのつもりが、ソープのスベリも手伝って欲情し、お互いを求め合った。
チンポをしゃぶりたがるので、女にとってもっとも恥かしい言葉を強引に言わせてからしゃぶらせた。
ひとみのフェラはあまりにも激しかった。辱めをうけたことに対する小さな反抗のようでもあった。
たまらず、ヒトミのノド奥深くで果ててしまった。

しかし牝の淫欲はまだまだ満たされるどころか更に火が付いたようで、
自分で股間をイジクリながら目をつぶり、口の中の精液を味わうように舌で転がして、余韻に浸っていた。




ようやく我に返った二人は体に付いた淫汁をシャワーで洗い流し、私が先にバスルームを出た。
ベッドに腰かけ、タバコに火をつけた。 いつもながら一発抜いた後の一服は実に旨い。
余韻に浸ってくつろいでいるところに、ヒトミが出てきた。

そしていきなり私の前に膝まづき、私の腰に巻いたバスタオルをかき分け股間に顔を埋めた

「オイオイ  ちょっと一服させてくれ!」

ふにゃチンときゃんタマを口いっぱいに頬張りながら、
「もうガマンできません! 」

「わかったからこれ1本だけ吸わせてくれ!」

顔を上げて言った「あたしのオッパイ吸って!」  「ハッハッハハハ! なに言ってんの」

突然立ち上がったと思ったら今度はグッズ入れの引き出しからベビーオイルを出して、私の目の前に突きつけた。
(アナルをやってくれ!) という意味だとすぐに理解できた。
ベビーオイルを私が受け取ると、ヒトミは体に巻いたバスタオルを足元に落とし、
美しい体を見せつけ、目でいやらしく誘いながらベッドの上にあがり、私に尻を向け自ら四つん這いになった。
究極の曲線を描くエロく突き出したケツをドアップで見せつけられ、
またしてもスケベ心に火を点けられた。代わりに吸いかけのタバコの火を消し、美尻にかぶり付いた

マンコから肛門まで一息でナメ上げた

「あぁ~ん・・・  」  「イイ・・・・ 」

何度か続けたらイヤラシイ味がしてきた。淫汁が溢れ出てきたようだ

今度はアナルを集中的にナメ続けた

「うぅ~ん!・・・  うぅ~ん!・・・・  」

使い込んだアリ地獄タイプのアナルがどんどんほぐれていき、舌が奥へ奥へと誘い込まれる
舌先を硬くして強く突いてみた

「ハァ~ン!!  」 舌先が腸の中にすべり込んだ!! 「もっと!! もっとしてぇ~~  」

かなり気持ちいいようだ!
すべり込んだ舌先をゆっくり出し入れし続けた  「アア~ン!  アア~~ン!! アア~~ン!! 」
マンコにも指を入れてみた もうヌルヌルになっていた
もう片方の手の人差し指を今度はケツ穴に入れた あっさりと入っていく
膣と腸の間の壁を両指で挟むように交互に出し入れしてやった

「アァ~~ アァ~~~  」   「ハァ~~ ハァァ~~~  」

「ウゥ~~ ウゥン~~~ イッイクゥッ!!  」

マンコもアナルもすばやく指を二本づつに増やして更に激しくピストン責めにした!!


「アァ! アァ~~ン!!  」  「ウゥン!  ウゥ~~ン!!  」


「ダメ!!  ダメ!!  」


「イクッ!  イクッ!!  イクーーーッ!!!・・・・・・・・・・・  」




背中をエビのようにのけ反らせた後、崩れ落ちた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・つづく   






                                                 by ピンクファルコン



ぜひとも1票、お願い致します

一票頂けると、筆が進みます

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 二穴でイクM嬢 四つん這いで誘う美女

グラビアのM嬢 Part7

SM雑誌のグラビアを見て一目ぼれしてしまったM嬢、ヒトミに浣腸し、排泄させたあと、
ユニットバスのシャワーでボディー洗いのつもりが、ソープのスベリも手伝って欲情し、お互いを求め合った。

ディープキスをしながら、チチを激しく揉みしだいた
ヒトミの表情が明らかに興奮してきて、強くしがみ付いてきた
二人とも泡まみれで激しく舌を絡め合った
彼女の息がどんどん荒くなってくる
キンキンに勃起したチンポがヒトミの腰に食い込むように密着し、女のスケベ心を刺激していた!!

「ハア・・・ハア・・・おねがい・・・ナメさせてェ・・・・・・・!」

ヒトミは切ない表情を浮かべて、チンポを求めてきた!




「イキリ立ったぶっといチンポをしゃぶらせて下さい」 て言ってみ!

「は はいぃ・・・  」  「「イ イキリ立った・・・ぶっ ぶっとい・・・・・・・・」

「きちんと言うんだ!」

「イキリ立ったぶっとい・・・チッ・・・・チッ・・・・・・・・・・・」

「さあ きちんとしっかり言わないと何時までもお預けだぞ!」

「イキリ立ったぶっとい・・・チッ チン・・ポを・・・・・・・・」

「さあ ハッキリと大きな声で言え!」 

ヒトミの体をより強く引き寄せ、腰に密着する反り返ったチンポを更に食い込ませ、擦り付けてやった

「ィィ イキリ立ったぶっといチンポをしゃぶらせて下さいぃぃーーー!!!」

根負けしたヒトミは、ヤケクソぎみに声を張って言い放った!
そして顔を真っ赤に染めてうつむいた

「よし! よく言ったな しゃぶっていいぞ!」

「はっ はいぃ   」

ヒトミはバスタブの中にしゃがみこんだ
眼前にはギンギンに反り返ったチンポが脈打っている
もうガマンできないかのように、イッキに根元までくわえ込んだ
そして息を荒げて激しく激しくむしゃぶりついてきた
あるいは辱しめられた事に対する小さな反抗なのかもしれない

しかしヨダレをだらだらと垂らし、頭を激しく振り乱し、
女はもはや人間ではなく淫獣と化していた

「これはタマラン!!」

淫牝の舌が、唇が、指が、亀頭を責める! 竿を責める! タマを責める!
強烈な快楽が亀頭を襲う、もう長くは辛抱できない
射精を止める尿道の筋肉も麻痺してきた! いや もう麻痺している!!

「イク! イク!  」

淫牝のバキュームフェラが更に激しくなる!! 口内で吸引されるチンポ!!

「もうガマンできない  イク!!!」

「ドクッ! ドクッ! ドクッ!!!!!・・・・・・・・・・」



血管が音をたてて脈打ち、淫牝のノド奥深く発射して果てた・・・・・・・・・


しかし牝の淫欲はまだまだ満たされるどころか更に火が付いたようで、
自分で股間をイジクリながら目をつぶり、
口の中の精液を味わうように舌で転がして、余韻に浸っていた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・つづく




                                                 by ピンクファルコン



ぜひとも1票、お願い致します

一票頂けると、筆が進みます

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 羞恥責め 隠語責め

グラビアのM嬢 Part6

SM雑誌のグラビアを見て一目ぼれしてしまったM嬢、ヒトミに三本半の浣腸液を注入し、
下品な屁の音と共に大量のウンコを排泄させた。



腸内の全ての汚物を排泄したヒトミは異様な匂いに包まれて、しばらくグッタリしていた

そしてようやく体を起こし、トイレの横に付いているユニットバスに移り、
「先に体キレイにしまぁーす!  」  「終わったら声かけるから入ってきてネ!  」

と言いながらシャワーの蛇口をひねった

「ザザーーーーーザザザーーーーーーーーーー!」

まだ少し異臭の残る部屋で、倒錯の世界に極度の興奮をおぼえた私もまた、
少しグッタリしながらヒトミが呼ぶのを待っていた
頭の中でついさっきの強烈な光景がフラッシュバックしていた

「もう出来たから入ってきてェーーー!  」

女の声に、ふと我に返り、全裸になりバスルームに入った
ヒトミは先ほどの恍惚の表情とは打って変わり、穏やかな笑顔で私を迎え入れてくれた

「おなかスッキリしたかぁ?」

「ハイッ  もうすっかり!   」

私の肩にシャワーを掛けながら答えた。全身掛け終わると今度は洗面器にボディーソープを泡立てて、
私の体に塗り始めた

「キレイにしますね!  」

ヒトミの小さくて柔らかな手が私の体を優しく這い回り始めた
先ほどの興奮冷めやらぬ私は敏感になっていて、意思に逆らい息子が硬くなり始めた!
それを目ざとく見つけたヒトミはおもむろに半立ちのチンポを優しく握り、

「ここもネ!  」

片方の手でシゴクように洗いながら、もう片方の手のひらでタマキンを包み込むように握り、
回すようにして洗ってきた
ヒトミの優しい手の中でチンポはどんどん硬くなっていく!

「ザザーーーーーーザザザーーーーーーーーーー」 

出しっぱなしのシャワーが辺りをどんどん白く曇らせていった

「後ろ向いてもらえますか!  」

今度は背中を指が這い回り始めた。生き物のようなヒトミの指はどんどん下がっていき、
一本の指がケツのワレメに入ってきて スルッ! と上から下になぞってきた
思わず腰が抜けるようなくすぐったい快感が走った!
ケツのワレメを何度も何度も指先で上下に往復しながら、もう片方の手を前に回しチンポをシゴイてきた

しばらく続けられてチンポはもう快感でビンビンになり、
たまらず振り向いてヒトミの背に腕を回して引き寄せ、ディープなキスをし、
もう片方の手でチチを激しく揉みしだいた!
女の表情が明らかに興奮してきて、強くしがみ付いてきた!
二人とも泡まみれになりながら激しく舌を絡め合った!女の息がどんどん荒くなってくる!

イキリ立ったチンポがヒトミの腰に食い込むように密着し、女のスケベ心を刺激していた!!

「ハア・・・ハア・・・おねがい・・・ナメさせてェ・・・・・・・!」

ヒトミは切ない表情を浮かべて、チンポを求めてきた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・つづく






                                                 by ピンクファルコン



ぜひとも1票、お願い致します

一票頂けると、筆が進みます



テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : シャワールームで秘事 泡まみれで欲情

グラビアのM嬢 Part5

SM雑誌のグラビアを見て一目ぼれしてしまったM嬢、ヒトミの腸内に三本半の浣腸液を注入し、
五分放置した後、トイレでケツを扉側に向けて洋式便器の便座に上がらせ、ウンコ座りさせた。
私は開いたままの扉のあたりにしゃがみこんで、肛門が丸見えの特等席を確保した。



そして便意が極限状態のヒトミに排泄許可を出した。

「よし!   いいぞ」

「ジュジュジュジュジュジュジュジューーーーーーーーーーーー!!!」 

ヒトミが肛門を緩めた瞬間、激しい勢いで透明の液体が噴出した
そして「ふぅぅーーーーーー  」 助かった! という感じで一息ついた 余程苦しかったのだろう

立て続けにヒトミが力んだ

「ジュルジュルジュルジュルジュルーーーーーーーーーーーー!!!」

今度は黄色く少しトロミの有る液体が噴き出した
極限状態が去り、我に返ったように

「ナサケナイ音出して 恥ずかしい・・・」 と一言、言い訳した

「さあ まだ身が出てないぞ! もっときばれ!」   「はいっ  」

「うんっ・・・・・・・・」

今度は顔をしかめて強く力んだ 肛門が生き物みたいに、大きく外に飛び出すように開いた

「ブルブルブルブルブルブルブル・・・・・・・・・・・ジュルジュルジュル・・・・・・・・」

ついに身が出た!!! うさぎのフンのような丸くて小さいのが五~六個飛び出した
その後ケツ穴が「ヒク ヒク」 して泡が出てきた「ジュルジュルジュル・・・・・・」
少し遅れて「アノ匂い」 が「ムワ~~~~」 と辺りを覆い始めた!!!

卑猥に開いたり閉じたりするアナルに目を奪われていたが、よくよく見ると
前の方から白くてトロッッとした液体が垂れ落ちている!
とっさにヒトミの顔を見上げた 目をつぶり恍惚の表情を浮かべていた

「こいつ見られながらウンコ垂れて感じてる!!!」 

こんなに美しくても変態性癖の女っているんだという事実に興奮し、チンポがビンビンに立ってきた

「あぁぁ  臭いなぁ  」   「ヤメテッ・・・!」

「オマエ  まん汁ボトボト垂れてるゾ 」   「アアン・・・!」

「ウンコ見られて興奮してんのか 」   「言わないでぇ・・・!」

「まだまだ出るなぁ もっともっときばってみろ 」   「はいっ  」

「うんっ・・・・」  「ジュルジュルジュル・・・・」  「ハァ  ハァ  」
「うんっ・・・・・・・」  「ジュルジュル・・・」  「ハァ  ハァ  」  「おなか痛いっ・・・・」

泡しか出てこない  「もう一回きばれ」  「はいっ・・・」

そして肛門が噴火口のように盛り上がり、大きく開いたとき、中指を突っ込んでやった

「ハァァァ~~~   」 気の抜けたような喘ぎ声を発した 

「デッカイのがすぐそこまできてるぞ」

大きなウンコが指先に当たっている!  肛門を広げるように円を描いてかき回してやった

「ううぅぅぅ!!」 マン汁がボトボト垂れてきた

「指を抜くから その瞬間に きばれ!」  「はいっ  」  「いくゾ!」  「はいっ!  」

「ブリブリブリブリブリブリッッッッッッッッッ・・・・・・・・・・・・・!!!」

ついに本体が飛び出した 太くて二十センチぐらいのウンコだ!
女ってこんなにも ぶっといウンコするのかぁ!   そして今度は匂いが強烈だ!

「ハァ ハァ  ハァ  臭くてすみません・・・」  「ほんとにえらく臭いなぁ」

辱しめる度にマン汁があふれ出た  そして私の中指はウンコまみれだ   

「うんっ・・・」  「ブリブリブリ・・・・・ブゥゥゥゥ・・・・・・・」  「アッ!  恥ずかしい  」

「さっきより小さめのウンコと下品な音の屁が出た

「恥ずかしい音が出たなぁ  さあ全部出してしまえ!」  「はいっ  」

「うんっ・・・」  「ブヒブヒブヒブヒブヒブヒブヒ・・・・・・・・・・・ブリブリブリ・・・・・・・・」

今度はさらに下品な音の屁が先に出てからウンコが飛び出た

「ハァ ハァ ハァ・・・・・・・・・・」  

「もう全部出たみたいッ  」  

ハァ・・・・・ハァ・・・・・・ハァ・・・・・・・・・ハァ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・つづく





                                                 by ピンクファルコン



ぜひとも1票、お願い致します

一票頂けると、筆が進みます



テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : ウンコして感じる美女 ウンコ見られたい美女

グラビアのM嬢 Part4

 SM雑誌のグラビアを見て一目ぼれしてしまったM嬢、ヒトミちゃんと心の距離を一機に縮めることができた。
そして彼女は今、1本目の浣腸液を受け入れるため、四つん這いになり、
パンパンに張り詰めた美尻を、私の目の前にさらけ出している。



私はフロオケの中に作られた浣腸液を浣腸器でイッパイまで吸い上げ、
「1本目いくぞ!」 と言いながら、ヒトミの肛門に突き刺した。

そしてシリンダーをゆっくり押し込んでいった。

ヒトミは「冷たくて快感です!」 と言って、あっさり1本目を飲み干した。
すっかり やり慣れているようだ。

もう一度浣腸液をイッパイまで吸い上げ、
「二本目いくぞーっ!」 と言いながらまたアナルに突き刺した。
シリンダーをゆっくり押し込む、これもすんなりと飲み干した。

「まだイケるなぁ」

「もうちょっと 大丈夫です」

「よし、じゃあ三本目だ!」

再度浣腸液を吸い上げ、三本目を半分注入したあたりでシリンダーが重くなった。

「あぁっ キツくなってきた!!」

「これ全部入れてしまうからもう少しガマンしろ!!」    「はい」

「ゆっくりいくぞ」   「はい」

重たいシリンダーをゆっくり押し込んでいった。

「うぅっ!!」

なんとか入った。

「全部入ったぞ!  まだイケるなぁ!」

「いやっ!!  もうムリです!」

「じゃあ  あと半分だけな!」

「わかりました  ガンバッテミマス!!」  従順でかわいいヤツだと思った。

浣腸液を半分だけ吸い上げ、再度ケツ穴にねじ込んだ、
シリンダーを押すと更に重い!!

「うぅぅ!! 苦しい!」

「もう少しだ!  辛抱しろ!」   「はっ はいぃぃ・・・」   「うぅっっ・・・!!」

「よし!  入ったぞ」  少し溢れてこぼれたが、
三本半の浣腸液をヒトミの腸の中に注入し終えた。

「パンパンだな!!」 と言いながら腹をそっと擦ってやった。

「はいっ!  でも押さないでね  出ちゃうから!!」

「よし!  このまま五分 放置する」

「えーーーっ!! そんなに絶えられるかなぁ」


三分経過

「あぁっ  もうだいぶ苦しいデス!」 「うぅーっ!」


四分経過

「ああっっ!!  もうダメ  トイレいかせて下さい!!」

「まだだ!  あと一分」  

「苦しいぃぃっ!!!許して下さいィィ」  「辛抱しろ!」  「ううっっ!!!」


そして五分経過

「もうほんとにダメ  出ちゃうぅぅっ!!!  うううっっっ・・・・・・・・・・・・」

「よし!  この辺で勘弁してやる」

ヒトミはゆっくり立ち上がりトイレに向かった。そうしないと出てしまうのだろう「極限状態」て言うやつだ。

トイレは洋式だった 「よし 便座の上にゆっくり上がれ!」  「えっ!  この上にィィィ・・・・・」

「尻をこっちに向けてな」

ケツを扉側に向けて洋式トイレの便座に上がらせ、ウンコ座りさせた。

私は開いたままの扉のあたりにしゃがみこんで、肛門が丸見えの特等席を確保した。

「よし!   いいぞ」

「ジュルジュルジュルジュルルルルルルルルルル!!!」 

ヒトミが肛門を緩めた瞬間、勢いよく透明の液が噴出した・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・つづく




                                                 by ピンクファルコン



ぜひとも1票、お願い致します

一票頂けると、筆が進みます



テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 浣腸をせがむ女 浣腸で感じるM女

グラビアのM嬢 Part3

 SM雑誌のグラビアを見て一目ぼれしてしまったM嬢、ヒトミちゃんが、
ピンクのお揃いの下着姿で今、目の前にいる。


彼女が何かモジモジしながら切り出した

「あのォ~~ アナルセックスですよねぇ・・・・・・・ 
実は今日トイレ出てないんでェ・・・   浣腸してほしいんですけどォ・・・・・・・・」

「途中で汚いことになると、恥ずかしいしィ・・・・・・・」

いきなりえらい事を言ってきたぞッ!!

しかし二つ返事でOKした。この綺麗な女の排泄が見られるとは・・・・・・ドキドキしてきた!!

ヒトミちゃんはグッズ入れの引き出しから手際よく浣腸器やなんかの準備を始め、
最後にフロオケの中に浣腸液を作った。

「じゃあ 準備できましたのでお願いしまーす」

と言って、パンティーを脱いで私にケツを向け、床に四つん這いになった。

いきなりマンコとアナルが目に飛び込んできた、 マブシイ!!!
毛は綺麗に処理してあり、うぶ毛も無く、
色白なので、マンコとアナルは美しいピンク色で、激しくそそられた!!

ケツの前にしゃがみこんで顔を近づけ、ケツ穴に息を吹きかけながらマジマジと見てやった。

「イヤン!! 恥かしいです!」

と言いながら尻穴をヒクつかせた。

使い込んだアナル独特の、アリ地獄のように穴が奥のほうまで塞がっていない、めずらしいタイプだった。
このタイプのアナルは、すんなりと何でも入るが、反面シマリが緩いことが多い。

とりあえずローションを人差し指に塗りアナルに入れてみた。
やはり簡単にスルッ と入っていった。

そして第二間接まで入った所で指先に何か? が当たった!!

「ヒトミちゃん ウンコすぐそこまで来てるぞ!」

「ヤメテーーー!!! 恥かしい!!」

私は指先でヒトミのウンコを散々さわり、押しつぶしたりした。

腸内のウンコをじかに触るということは、この子の一番恥ずかしい部分にふれたということであり、
自然と情が沸いてきて、さらに愛おしくなった。

そしていったん指を抜いてみた。指先には予想通り黄色いものが付いていた。

『アァーーン!!! やっぱりィ!!』

匂いを嗅ぎたい衝動にかられ、指を鼻に近づけようとした瞬間
ヒトミはすごいスピードで私の腕を両手でつかみ、

「ヤメテ!!! それだけは! ヤメテ!! 臭いからイヤッ!!!」

と必死に抵抗した!! しかし力ずくで匂いを嗅いでやった。

「アアン!! もう! 恥ずかしい!!!」

こんなに美しい女でも、やっぱりウンコはウンコの匂いだった。
ただ、若いせいか癖や嫌味のない、非常に健康的なクサさだった。

「そんなにクサくないぞ いや? やっぱりクサいなぁ!!」と言っら笑顔を見せてくれた。

いっしょに笑いながら二人の距離が一機に縮まった気がした。

もう一度、四つん這いにさせて、私は1本目の浣腸液を浣腸器で吸い上げた・・・・・・・・・・・・・・つづく





                                                 by ピンクファルコン



ぜひとも1票、お願い致します

一票頂けると、筆が進みます




テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : アリ地獄のようなアナル 腸内のウンコに触る

グラビアのM嬢 Part2

 SM雑誌のグラビアを見て一目ぼれしてしまったM嬢、ヒトミちゃんを求めて、
JR某駅裏の住宅街にひっそりと建つマンションにたどり着いた。


エレベータが開いたその階には、部屋が五つか六つあった。
電話で教えられた部屋のドアホンを鳴らすと中に入れてくれた。
受付になっていて、男が一人で切り盛りしていた。
一時間半のコースにオプションでアナルファックを付けた。
受付を済ますと、一つ隣の部屋で待つように言われた。

隣の部屋に入るとそこはプレールームになっていて、
天井から鎖が下がり、張り付け台やベッド、
そしてたくさんの引き出しがあり、開けてみると色々な縄、ロウソク、浣腸器、鞭、バイブ
などが綺麗に整理されて、入っていた。

生々しいグッズを見て、「ムラムラ! ドキドキ!」がドンドン増してきた。

ソワソワしながらグッズを手にとって楽しんでいたら部屋のドアが開いた。

「来た!!」

ピンクのお揃いのパンティーとブラを着けて、下着姿で彼女は入ってきた。

そして私の前で床に正座をし、深々と頭を下げ、

「今日は有難うございます。よろしくお願いします」と丁寧な挨拶をした。

まさにヒトミちゃんだった
グラビアに載っていたあの子が今、目の前に!!
感激で胸が熱くなった。

グラビアではストレートロングの黒髪を少しだけ茶髪に染め、ソバージュにしていた。
そして化粧もより入念にしていて、なんとも色気のある艶めかしい女だった。

「その格好で廊下うろついて大丈夫なの」と聞きながら、今度は体をチェックした。

「この階の部屋は全部お店で借りているから大丈夫なんです」と彼女は答えた。

乳はやはり小さいが小柄で、
究極にくびれた腰から尻、太ももにかけてのラインが実に美しかった・・・・・・・・・・・・つづく





                                                 by ピンクファルコン



ぜひとも1票、お願い致します

一票頂けると、筆が進みます




テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : グラビアのM嬢 あこがれのM嬢

グラビアのM嬢 Part1

 みなさま、暑中お見舞い申し上げます。

日一日と熱くなってまいりましたが、
熱くなってくると「ムラムラ」「ムクムク」と性欲が増してくるのは、
わたくしだけでしょうか?


少し前に買ったSM雑誌のSM嬢紹介グラビアに、顔出しで出ていたM嬢に、
ずっと一目ぼれしておりました。

ここでは仮に「ヒトミちゃん」としておきましょう。

めちゃくちゃカワイイのに、色気もタップリで、スレンダー
腰なんかキュンキュンにしぼれており、
髪は黒のストレートロング。
難を一つだけ言えば、乳が小さいことでしょうか。
それ以外は私にとってパーフェクトな女性なのです。

そしてなにより「アナルを責められるのが大好きです!」とコメントしています。

アナルは私の大好物です。性癖もドンピシャです。

気候のせいか「ヒトミちゃんのアナルにチンポを突き立ててみたい!!」

という衝動を抑えきることが出来ず、気が付けば店にTel しておりました。

ヒトミちゃんは実在しました!!! 胸の高鳴りをおぼえ、

そして、翌日の予約もとれました。



当日になり、
言われたとおりJRの某駅裏に着き、店にTel した。

商店街を抜け次の交差点を左に曲がり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

言われるがままに歩き、行き着いた先は、多少年季の入ったマンションだった。
一般の人が生活しているこんなにのどかな住宅街のなかで、SMなんかやってるのか?
極めてスリリングなシチュエーションではないか!!
早くも興奮ぎみになってきた。

インターホンに言われた部屋番号・・・を打ち込みボタンを押した。

「ハイ」

「さっき電話した者だけと゜」

「今開けます、どうぞ」

扉を押して中に入った。心臓がドクドク脈打ち始めた。
中年男がエレベータを待っていた。
こいつも客なのか?自分の姿を鏡に映されたようで、気まずくなり目をそらした。

エレベータが来て二人乗り込んだが、男は別の階を押した。

なんだ、ただの住民のようだ。

しかし私が階を押した瞬間、心なしか男の口元がニヤッとしたように見えた。
逆にSMクラフ゛の客であることを悟られたようだ!


私はなにげに男に背を向け、目的の階に着くのを待った・・・・・・・・・・・・・・・・・・つづく





                                                 by ピンクファルコン



ぜひとも1票、お願い致します

一票頂けると、筆が進みます



テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : グラビアM嬢に一目ぼれ 住宅街のSMクラブ

必見!!!情報

オススメ動画

当サイトのバナー

当サイトをリンクして下さるサイト様、もしよろしければ、お使い下さい。
※直リンクはおやめ下さい。必ず素材をダウンロードしてご自身のサーバーにアップロードしてお使い下さい。 (88×31)

(200×40)

(468×60)

QRコード
ケイタイでも見てナ!
QR
ランキングに参加させて頂いている相互リンク様(順不同)
エロき一票を、お願い致します。  (1クリック1票となっております)
相互リンク様(順不同)
相互リンク大歓迎です。メールフォームより、お気軽にご連絡ください。
検索・リンク系などを含む相互リンク様(順不同)
ブロとも様一覧(順不同)
お世話になっております。

変態なんです

analzone出張所

CoCoの調教日記

コレクタ-Destiny

奴隷美の調教日記

エロ活日記

エロ裸女画像ライブラリ

feti072-blog

デブ狂四郎はフェチなAV撮ってます

JUN♀Blog 顔面騎乗大好き♪

暇な女装子ひとみ

くすぐりの道 コチョマン日記はくすぐり日記

ちんぽ大好き♪[ちんぽ見たい女子のためのちんぽ画像庫]

フェラチオ大好き!エロエロ画像

OL夢華の秘めごと遊び

m&mの私生活

人妻Roseのエッチな姿

美優の独り言(性欲処理道具の生き様)

M女調教部屋~体験調教承ります~

まいぽんエログ|二穴、アナルの無修正動画

アダルトグッズ通販 なっとく本舗(通販部)



おなめこ倶楽部~小悪魔熟女の淫乱な日々~

それさえもおそらくは平穏な日々

パパとママのちょっとHなライフスタイル

野外露出動画 羞恥美女

RUMI'S ROOM

他人棒で嫉妬 =美魔女系淫豚vs他人棒マニア=

三咲

内緒の大人遊び

エスエム ジゴク

緊★縛エロチカ★

私のスペシャルなオナ日課
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

必見!!!情報
プロフィール

ピンクファルコン

Author:ピンクファルコン
[エロエロ妄想族]へようこそ
楽しんでネ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブログパーツ
  • SEOブログパーツ
無修正
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
エロエロアンケート
回答を頂きました方に、ご迷惑が掛かることは一切ございません。
必見!!!情報
超オススメ動画
TOKYO-HOTの新サイトです。30日5000円で1日1本(計30本)もダウンロードできるようになりました!!!
my.tokyo-hot.com
ユーザータグ

カリビアンコム TOKYO-HOT 一本道 乱交パーティー 露出の快感 ハーレム変態エロ学園 オナニー狂い アナル中出し 超清純派美女初アナル ウンコ見られたい美女 浣腸で感じるM女 高貴な女子アナ沈没 ウンコして感じる美女 シャワールームで秘事 羞恥責め 四つん這いで誘う美女 完璧すぎる美クビレ 二穴でイクM嬢 アイドル級美女アナル姦 清楚なお嬢様マングリがえし 隠語責め 泡まみれで欲情 アリ地獄のようなアナル 看護婦さんパイパン疑惑 公衆セックス 長身人気モデル宮瀬リコ 路上でディープキス チンポをせがむ女 公然フェラ 混浴レポーターとズコズコバコバコ グラビアM嬢に一目ぼれ 住宅街のSMクラブ 美女二穴責め 腸内のウンコに触る CMモデルが立小便にアナルファック 縛られた女教師 あこがれのM嬢 エロポールダンス グラビアのM嬢 浣腸をせがむ女 ションベンぶっかけ 汚物付き肛門お掃除女 超潮吹きザーメンゴックンど変態美女 肛門ポッカリ 元グラビアアイドル 極太二穴オナニー 絶品ボディ肉玩具 本多成実のアナル処女強奪 若妻肉便器 パイパンにマイクロビキニ 面接でエロエロ 街中でトビッコ 元エ◯アジアCAチンポねだり ドエロモデル 奇跡の美乳と極上クビレ 美脚チンポ大好き女 3穴奴隷 チンポ中毒ド変態ギャル 超美脚スーパーモデル ションベンを飲む変態女 チンポ大好きM女 アナル大好きギャル 夢のアナルキャバ 変態ドM女教師 変態肉便器アナル2本挿し 霊長類最強の美ボディ 天井吊り下げ立ちバック 絶叫痙攣地獄 小便 緊縛 クリ電マ悶絶 フェラ 腸汁お清め アナル刺激潮吹き モデル女体盛り M嬢とアナルファック 空気浣腸される女教師 メイド奴隷 強制フェラ 高慢女を恥辱 秘書とオフィスで SM縄縛り 拘束放置プレー 鬼畜おもちゃ責め ションベン浣腸 金髪青姦 超美女の屁こき メイドのアナル生中出し 女性とサドル 路上で恍惚 白昼のエロス 屋外露出 アヘアヘドピュッ M女恥辱 ポロリしそうなビキニ 全身性欲 淫乱女教師 女子アナ乱交 昼下がりの人妻 カーネーション 美尻 小股の切れ上がったいい女 モデルのアナル レースクィーン大量排尿 アナル生中出し ニュースキャスター生中出し ムラムラナイスバディー ビキニのキャンギャル輪姦 CA口内射精ゴックン モデル強制フェラ モデル電マ失禁 路上でオナニー レースクィーンの聖水 かぶりつきたい体 美女のアナラー アナル中出しをせがむ美女 チンポを放さない女 夜這い美女 淫乱牝猫軍団 変態肉便器 パイパン二穴生中出し カリビアンコムプレミアム 初裏解禁!茜梨乃 モデルのアナル痙攣 変態露出狂OL 屁をこかされる美女 潮吹き体質の女 即尺 イラマチオ 最強ボディー おぞましい肉欲 羞恥と快楽 アダルトグッズの虜 美女の腸汁垂れ流し 完璧な美脚 カテーテルで強制排尿 レースクィーン拘束肉便器 オナホールでアヘアヘドピュ 女子アナのアナルTOKYO-HOT 野外でフェラチオ 女優流出 AngelKiss 淫乱乱交 ハーレム状態 M女がゴックン 超美女アナル中出し 二十四時間発情牝 奇跡のDNA美女 尻フェチ 鬼イキトランス 初裏デビュー 無修正デビュー セクシー美脚美女 元セクシーグループ エロスレンダーギャル 小麦ボディ キレイなお姉さんのオナニー V字エロエロ下着 レズ乱交パイパン イキ過ぎて呆然自失 ムチムチエロボディ 微乳Hカップ 大乱交スペシャル 街の看板娘と 濃厚フェラの嵐 美脚ミニスカギャルのアナル 美肌とクビレ 小麦色の肌とスレンダーボディ ドM変態20才 元・マスカッツメンバー「裸エプロン姿」で降臨! 美女即入れ 微乳美女 ドM女子アナ 卑猥な美マン 極上泡姫物語 巨乳パイパン 長い舌でフェラ 元セクシーアイドルパイパン 超大胆美女 スケスケウェイトレス 競泳水着女子 マッサージでムラムラ 密室陵辱 美巨乳パイパン 混浴風呂でしっほり イラママンコ 一般女性たちの目の前で ペロペロ舌攻撃 連続生ハメ中出し イヤらしいお仕置き 某メイド喫茶で指名No.1 美脚モデル系 4Pセックス モデル出身の泡姫 潮吹き大会 パイパン美女 思い切りフェラ 極上のおもてなし 高級ソープへようこそ 焦らし寸止め! 美巨乳 ダイナマイトボディ オイル4P 檜風呂でエッチ ダンサーボディ 美爆乳にクビレ 着ハメエロス 極上女体の美女 アソコに生け花 初アナル きれいなパイパン 無修正解禁 美人に顔射 パイパンモデル 一緒にお風呂に入ろう 汁だらけ 隠語プレイ パイパン乱交 濃厚接吻 パイパンマジファック 美爆乳娘 長身美脚のスレンダー美女 潮吹き初無修正 元アキバ系アイドルパイパン 成宮ルリ初無修正 透け透けOL 超絶のカメラアングル ローションパイズリ アナルにザーメン流し込み フェラでおもてなし 軟体FUCKショー アイドル佳苗るか セクシーマイクロビキニ 興奮マイクロ下着 VIPルームでおもてなし 淫乱OL 張り張りEカップ ドアップ激写 イキまくり134回 マンコキャスター アナルの虜 美脚美人・七星くる 淫乱受精家庭教師 マゾ女縛り上げ苦悶 無修正初解禁! アイドルとチョメチョメ キャンギャルとチョメチョメ Gカップグラマー 膣アナル提供肉便器 東熱大乱交スペシャル どM女をイラマチオ 美女緊縛調教 淫乱美女失禁 肉便器恥辱の緊縛調教 断りきれないエロいカラダ エロ謎かけする美女たち ドスケベ美女 パイパングラマー お漏らし連発 淫語を言わされる女子アナ 天性の痴女 極上ドS網タイツ 年末チンポ大掃除 家政婦はだかエプロン スタイル抜群元RQ ドM美女 元○○学園の音楽教師 青姦デート 欲望!卍解! ブリブリの尻 アナル奴隷 エロエロヒッチハイク 喘ぎ声はスタッカート パイパン美人キャスター 若女将と館内乱交 前田かおり第2弾! ホクロがあんなところに! 水着跡が激エロ 極上淫乱ボディ チン粕をなめる女 2穴共ザーメンでブクブク ものすごエロい 野外で不倫 女の子の部屋でドキドキワクワク 汗まみれで戦ううちに~ 可愛いコスプレ 元タレント痙攣 泡姫フルコース 魔性の美貌 拘束アナルセックス 合宿で乱交 強烈フェラ 淫乱OLハーレム 美乳美尻 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。